豆知識

熱中症予防には何色の服がいいの?

熱中症予防には何色の服がいいの?

服の色が違うだけで表面温度は20℃以上の差がでることもあります。
どんな服の色が熱中症対策に効果的なのか、その理由もご紹介します。

「太陽からはさまざまな放射エネルギーが地表に届きますが、目に見える可視光線と、目には見えませんが少しだけ波長の長い近赤外線の割合が高くなっています。植物の葉が緑に見えるのは、緑の光に対応した波長帯の放射エネルギーが多く反射されるためです。

白い物体の表面ではほとんどすべての光に対応した波長帯が反射され、黒い物体では波長帯の多くが吸収されてしまいます」

物体は色によって、太陽から放射されたエネルギーを反射する率が異なる、というのです。反射されなかった放射エネルギーは、吸収されて熱にかわります。そのため、白や黄色など反射率が大きい色の物体ほど、熱を持ちにくいのです。

「熱中症のリスクを減らすには、反射率が高く熱を持ちにくい服の色を選ばなければなりません」

なぜ服の色によって表面温度が変わるのか

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!
友だち追加

関連記事

  1. 【新型コロナウイルスまとめ】特徴・感染のメカニズム・対策など 【新型コロナウイルスまとめ】特徴・感染のメカニズム・対策など
  2. はんぺんをちょっと切りたいときは袋の上から"ものさし"で はんぺんをちょっと切りたいときは袋の上から”ものさし…
  3. 【鶏肉】新鮮だから安全…じゃないΣ(・口・)! 【鶏肉】新鮮だから安全…じゃないΣ(・口・)!
  4. 知っておきたい便利な言い換え語 知っておきたい便利な言い換え語
  5. 紛らわしい文字を比べてみた 【検証動画】紛らわしい文字を比べてみた
  6. 報道によって誤解を広められた「武士道の日本兵・小野田寛郎」 報道によって誤解を広められた「武士道の日本兵・小野田寛郎」
  7. 「はかる」の使い分けのイメージ化 「はかる」の使い分けのイメージ化
  8. 水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。 水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。
PAGE TOP