豆知識

熱中症予防には何色の服がいいの?

熱中症予防には何色の服がいいの?

服の色が違うだけで表面温度は20℃以上の差がでることもあります。
どんな服の色が熱中症対策に効果的なのか、その理由もご紹介します。

「太陽からはさまざまな放射エネルギーが地表に届きますが、目に見える可視光線と、目には見えませんが少しだけ波長の長い近赤外線の割合が高くなっています。植物の葉が緑に見えるのは、緑の光に対応した波長帯の放射エネルギーが多く反射されるためです。

白い物体の表面ではほとんどすべての光に対応した波長帯が反射され、黒い物体では波長帯の多くが吸収されてしまいます」

物体は色によって、太陽から放射されたエネルギーを反射する率が異なる、というのです。反射されなかった放射エネルギーは、吸収されて熱にかわります。そのため、白や黄色など反射率が大きい色の物体ほど、熱を持ちにくいのです。

「熱中症のリスクを減らすには、反射率が高く熱を持ちにくい服の色を選ばなければなりません」

なぜ服の色によって表面温度が変わるのか

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!
友だち追加

関連記事

  1. 3月14日は「πの日」「円周率の日」 3月14日は「πの日」「円周率の日」
  2. 各種”横棒”の読み方解説 各種”横棒”の読み方解説
  3. 【驚愕】携帯電話の電波状態が悪いときの対処法 【驚愕】携帯電話の電波状態が悪いときの対処法
  4. ドコモ口座に100円!docomoキャッシュゲットモール【溜まる!!】 ドコモ口座に100円!docomoキャッシュゲットモール【溜まる…
  5. 【紫外線】白いシャツにこぼしてしまったカレーのシミを取る方法 【紫外線】白いシャツにこぼしてしまったカレーのシミを取る方法
  6. それぞれのヘルプマークの一番の役割 それぞれのヘルプマークの一番の役割
  7. 【内関】簡単にできる乗り物酔い対策【絆創膏とお米】 【内関】簡単にできる乗り物酔い対策【絆創膏とお米】
  8. AEDというのは医療従事者でない、いわゆる「素人」が使うために作られた道具 AEDというのは医療従事者でない、いわゆる「素人」が使うために作…
PAGE TOP