つぶやき

14歳の少女が「沖縄慰霊の日」に訴えたこと

14歳の少女が「沖縄慰霊の日」に訴えたこと

73年前、私の愛する島が死の島と化したあの日。小鳥のさえずりは恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、光り輝いていた海の水面は、戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から噴き出す炎、幼子の泣き声、燃え尽くされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。魑魅魍魎のごとく、姿を変えた人々。阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな生きていたのだ。
私と何も変わらない、懸命に生きる命だったのだ。彼らの人生を、それぞれの未来を。疑うことなく思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。仕事があった。生きがいがあった。

あなたも感じるだろう。この島の美しさを。
あなたも知っているだろう。この島の悲しみを。

そして、あなたも、私と同じこの瞬間を一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。
だから、きっと分かるはずなんだ。戦争の無意味さを。本当の平和を。
戦力という愚かな力を持つことで得られる平和など、本当はないことを。
平和とは当たり前に生きること。その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。一日一日を大切に。平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、この瞬間の延長線上にあるからだ。

大好きな、私の島。誇り高き、みんなの島。そして、この島に生きる、全ての命。私とともに今を生きる私の友、私の家族。
これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。真の平和を発信しよう。

一人一人が立ち上がってみんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、私の命が鳴っている。

過去と現在。未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!
友だち追加

関連記事

  1. 夢のような時間を有難う。 夢のような時間を有難う。
  2. キャンドゥに売ってる100円の珪藻土を試してほしい。 キャンドゥに売ってる100円の珪藻土を試してほしい。
  3. 【漁師さんより】ゴミ箱に捨てるか持ち帰って頂けると助かります。 【漁師さんより】ゴミ箱に捨てるか持ち帰って頂けると助かります。
  4. コロナ感染者は退院後140日以内に、12.3%が死亡、29.4%が再入院 コロナ感染者は退院後140日以内に、12.3%が死亡、29.4%…
  5. テレビで紹介していましたが、シカの刺身は危ないです。 テレビで紹介していましたが、シカの刺身は危ないです。
  6. 大戸屋の悲しすぎる4コマ漫画 大戸屋の悲しすぎる4コマ漫画
  7. 薬剤師のお仕事 薬剤師のお仕事
  8. 信号をLED化したことによる弊害。 信号をLED化したことによる弊害。
PAGE TOP