笑ったらシェア!

広告で考えるシャンプー頻度の歴史~せめて月に二回から毎日への変遷

シャンプー頻度の歴史

「毎日洗う時代」は中森明菜で始まりました。

シャンプーの広告(1932年)

シャンプーの広告(1932年)

シャンプーの広告(1935年)

シャンプーの広告(1935年)

シャンプーの広告(1965年)

シャンプーの広告(1965年)

シャンプーの広告(1983年)

シャンプーの広告(1983年)

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!
友だち追加

関連記事

  1. 残り全部白です、どうしたらいいの助けて 残り全部白です、どうしたらいいの助けて
  2. コギケツとクリ饅頭 コギケツと栗まんじゅう
  3. 仲好しニャンコ「長袖/半袖」 仲好しニャンコ「長袖/半袖」
  4. 戦車に乗るニャンコ 戦車に乗るニャンコ
  5. トイレの最後の紙を使いきった人は、伝説の勇者になる トイレの最後の紙を使いきった人は、伝説の勇者になる
  6. アルプスの天然水だけ乗車に成功 アルプスの天然水だけ乗車に成功
  7. 新鮮さを強烈にアピールする刺身用鮮魚 新鮮さを強烈にアピールする刺身用鮮魚
  8. 「お2F」三井住友銀行の斬新な日本語看板 「お2F」三井住友銀行の斬新な看板
PAGE TOP