福岡をすいとうならシェア!

人手不足で「稚加榮」名物ランチ休止

人手不足で「稚加榮」名物ランチ休止

少子高齢化に伴って全国で深刻化する人手不足の荒波が、成長都市・福岡市の老舗飲食店を襲っている。中央区大名の料亭「稚加榮(ちかえ)」が、45年間続けたサービスランチを今月25日で終了。中央区天神のそば店「飛(とび)うめ」は、天神地下街で40年以上営業してきた支店を昨年末で閉じた。いずれも業績は好調だったが、働き手を確保できなくなったため、泣く泣く事業縮小を決めたという。

稚加榮は1961(昭和36)年、筑豊の炭鉱主として財を成した中島徳松(1875-1951)の別邸を改装し、水炊きなど鳥料理を目玉にした料亭として創業。73年に大型のいけすを導入し、魚料理を中心に高級感のある料亭としてにぎわってきた。

「料亭は敷居が高い」というイメージを変えようと、サービスランチを大名の福岡本店で73年から、北九州市の小倉店でも77年に始めたところ、名物に。本店では活魚や天ぷらを中心に会席料理風の定食を1日400食程度(平日)を提供。先着100人に魚料理が付く特典があり、店の前には長蛇の列ができる。

ところが本店は、50人ずついた板前と仲居が高齢化し、ここ数年で30人ずつにまで激減。人材を募っても思うように集まらず、平日の昼食営業を断念せざるを得なくなった。サービスランチの長年のファンだった福岡県大野城市の女性(50)は「おいしくて豪華で、1500円で料亭気分を味わえる。食べられなくなるのは寂しい」と嘆く。本店は平日のサービスランチを25日で終える代わりに、土日祝日に昼間の営業を始める。小倉店のサービスランチは継続する。

人手不足の波、老舗飲食店にも 料亭「稚加榮」名物ランチ休止 そば店「飛うめ」支店撤退 福岡市 “雇用ミスマッチ”浮き彫りに

稚加榮(ちかえ)【昼食(サービスランチ)営業終了のお知らせ】

この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!
友だち追加

関連記事

  1. 博多駅屋上「つばめの杜ひろば」でホタル観賞 博多駅屋上「つばめの杜ひろば」でホタル観賞
  2. 【幻のパン】福岡人が愛する「マンハッタン」知ってるよね…? 【幻のパン】福岡人が愛する「マンハッタン」知ってるよね…?
  3. 資さんうどん、投資ファンドが買収で全国展開へ 資さんうどん、投資ファンドが買収で全国展開へ
  4. 熊本城、復興中 熊本城、復興中
  5. 大丸・福岡天神で「あんこ展」全国のあんこスイーツが集結 大丸・福岡天神で「あんこ展」全国のあんこスイーツが集結
  6. あ、この人九州出身なんだなって思う瞬間選手権 あ、この人九州出身なんだなって思う瞬間選手権
  7. 辛子高菜品切れ 「博多ラーメン」“名脇役”に異変 辛子高菜品切れ 「博多ラーメン」“名脇役”に異変
  8. 「この建物は60年後に森になるらしいよ」 「この建物は60年後に森になるらしいよ」
PAGE TOP