閉じる
  1. 【ふっこう割】2泊3日の北海道ツアー「往復航空券+ホテル2泊付」2万円…
  2. 【JAFが検証】暑い車内の温度を一気に下げるベストな方法
  3. 【光線過敏症】モーラステープは一生治らない症状を引き起こす可能性が
  4. 白菜やキャベツが高騰している今だからこそ、宅配野菜お試しセット
  5. 「腹筋運動」は腰痛の原因
  6. LINEでブロックされたかわかる方法(2018/4/24現在)
  7. 「大学病院にて」
  8. 四季のメタセコイア並木
  9. 【注意喚起】+67694706 トンガからの国際電話
  10. omni7の退会フォーム「セキュリティが不安」
閉じる
閉じる
  1. 誰に見せるわけでも無いのに異常な執着で書かれたタイトル【VHSテープ】…
  2. カジュアルすぎる退職願
  3. ブラジャーの正しい保管方法
  4. 僕が先生を殴るのが僕への罰としてふさわしいのでは?
  5. 現代の若者が遊べない理由「お金が無い」
  6. 白い洋服やシーツに付いた血はメイク落としシートで擦れば落ちる
  7. 沖縄弁、開いて5秒で習得を諦めた
  8. 図解「なぜか部屋の片づけが途中で終わる」
  9. 珪藻土バスマットの便利な使い方
  10. ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい
閉じる

twitterで話題!

長距離国際線クルーの休憩室「ボーイング787の秘密のベッドルームに潜入」

長距離国際線クルーの休憩室「ボーイング787の秘密のベッドルームに潜入」

2018年3月、カンタス航空はハブ空港があるオーストラリア西部のパースから、ロンドンへのノンストップの定期便の運航を開始する。17時間、9008マイル(約1万4500キロ)の世界最長路線の1つとなる。

そのためパイロットとフライトアテンダントは交代制、つまり、睡眠を取る場所が必要になる。現在、ほとんどの長距離フライト用のワイドボディ機(通路が2列ある機体)には、クルーが休憩するための区画がある。

カンタス航空はパース – ロンドン間のフライトのために、新型のボーイング787-9を8機発注。Business Insiderは2017年10月、カンタス航空に納入された1機目のボーイング787-9を見学する機会を得た。

途中、我々は客室の上部にある秘密のクルー用休憩区画を見学することができた。このエリアは立ち入りが厳しく制限されているため、貴重な機会となった。

ボーイング787-9のパイロットとフライトアテンダントのための休憩区画を見てみよう。

ボーイング787の秘密のベッドルームに潜入


この記事が気に入ったら
いいね ! してね♪

フォローをお願いします!

お気軽にコメントください(^^)

コメント

友だち追加

関連記事

  1. 【JAFが検証】暑い車内の温度を一気に下げるベストな方法

    【JAFが検証】暑い車内の温度を一気に下げるベストな方法

  2. 水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。

    水をガブガブ飲み過ぎると「水中毒」になることがあります。

  3. 頭痛薬の服用は危険?真夏の頭痛は要注意!

    頭痛薬の服用は危険?真夏の頭痛は要注意!

  4. 子猫を保護した方へ

    子猫を保護した方へ

  5. これから結婚予定の女性の皆さんへ

    これから結婚予定の女性の皆さんへ

  6. ガンが見つかった患者にどんな食事をしているか聞き続けた結果

    ガンが見つかった患者にどんな食事をしているか聞き続けた結果

おすすめ記事

  1. 僕が先生を殴るのが僕への罰としてふさわしいのでは?
  2. omni7の退会フォーム「セキュリティが不安」
  3. 池袋事故「上級国民だから逮捕されない」の前に「自転車を押そう」
  4. 【健康保険適用】気になる「しみ」は皮膚科で
  5. 【花粉症】ヨーグレットが一番簡単に、らくになるような気がします。



新着 tweet

  1. 誰に見せるわけでも無いのに異常な執着で書かれたタイトル【VHSテープ】
    ダンボール2箱分のVHSが出てきたがデッキも無いので断捨離。誰に見せるわけでも無いのに異常な執着…
  2. カジュアルすぎる退職願
    考え直せと言って欲しかったのですが、書き直せと言われました。 (さらに…)…
  3. ブラジャーの正しい保管方法
    今日の販売員からのお願いツイートの補足です!正しい保管方法はこちらです!私はブラジャー多すぎ…
  4. 僕が先生を殴るのが僕への罰としてふさわしいのでは?
    「本当にすみませんでした」といいながら殴り続ける人と「もういい!もう反省しなくていい!」と叫びながら…
  5. 現代の若者が遊べない理由「お金が無い」
    失われた平成30年の話。平成元年から10年ごとの税率とか保険料はどんどん上がっており、平成元年の年収…

アーカイブ



ページ上部へ戻る